歯周病 歯槽膿漏

ご予約・アクセス アクセス

歯周病

  1. TOPページ
  2. 歯周病

30歳以上の80%の人が歯周病

歯周病

最近、あなたにこのよう症状はありませんか?
もしこのような症状があったら、あなたは歯周病かもしれません。
厚生労働省の調査では、30歳以上の80%の人が歯周病にかかっているのです。
(平成17年度歯科疾患実態調査)

症状がほとんどない怖い病気

歯周病歯周病は、最初はほとんど症状がなく進行するため、痛みや腫れなどの自覚症状が現れてからでは、手遅れになってしまいます。
簡単に言うと、歯周病は、歯を支えている周りの「骨」がなくなってしまう病気です。その「骨」を失うことにより、歯の動揺が出てくるため、噛むことができなくなります。
そして、最終的には「歯」を失ってしまうことになるのです。
つまり、歯周病は「歯」を失うだけでなく、「骨」まで失ってしまうということです。
しかも、早く食い止めないと他の歯まで影響を及ぼし、ドミノ倒しのようにどんどん「歯」を失っていき、「骨」まで失うこともある怖い病気なのです。
そして、進行すればするほど、今後の治療がさらに難しくなり、あなたの負担がますます大きくなるのです。

こんな人は要注意 ‐ 口臭と全身疾患との関係

口臭と全身疾患口臭にはさまざまな要因がありますが、ほとんどがお口の中の問題とされ、そのなかで最も多いのが歯周病です。
口臭は自分では気づかず、他人から指摘されづらいものです
特に、商談や打ち合わせをするビジネスマンにとって、人との会話や仕事を円滑にするためには、歯周病の予防がたいへん重要なのです。
また近年では、歯周病と全身の病気との関連があることが言われてきています。
歯周病の状態が長く続くと、動脈硬化を促進し、脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなったり、歯周病の原因菌が糖尿病を悪化させたりすることがあるといわれています。

では私たちは、歯周病とどう向き合っていったらよいのでしょう?

治療する前には、「どうしてその歯が歯周病になったのか」という原因を詳しく調べることが重要です。
そして「もう少し早くからきちんと治療しておけばよかった・・・」と後悔しないためには、まずは現状をしっかりと受け止めることです。その上でその場しのぎの解決ではなく、根本的な解決をはかることです。

「私は絶対入れ歯にはしたくない」、「食べることが好きなので、いつまでもおいしく食べたい」と思うならば、私たちは歯周病ともっと真剣に取り組まなければならないのです。

院長紹介

コンピューター
顎機能診断装置

非抜歯矯正

かみあわせ

歯ぎしり

不定愁訴

ドクターコラム

患者さんの声

治療例の紹介

求人情報

上記バーコードで
携帯サイトを表示できます

近未来オステオインプラント(IPOI)学会

ページの先頭へ

安澤歯科医院 診療時間

アクセスアクセス
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-7-5
東急東横線・東京メトロ日比谷線
横浜市営地下鉄グリーンライン
日吉駅 徒歩4分

安澤歯科医院